ゆとにち第6話

夢は一級在宅士(つまりニート)。どうも、ゆとりです(`・ω・´)

と言ったら先輩に「志高いなー…」と言われました。
先輩のツッコミがないとこのコーナー成り立たなくないですか?(メタ発言)

最近覇気がない先輩はどうやら彼女にフラれたようです。
「あなたの平和なところが好き」と交際が始まり
「なんかつまらない」と2年の交際が終わったそうです。理不尽!

ゆとりは理不尽さにどう耐えてるんだ…?」(by先輩 @だいぶ弱ってる)

え~…(´-ω-`;)
そんなこと考えたこともなかったですけど
転職したらそれまでのレベルが1になるドラ〇エや、
廃課金してガチャをまわした直後にサービス廃止したソシャゲに比べれば
どんな理不尽でも耐えられる気がするっていうか!(`・ω・´)フンス

「見た目も性能も使いやすさも俺よりいいって。上位互換だね。
どうせ俺なんてサポート終了なんだよ」(by先輩 @覇気がない)

おぉ……っ! (;`・ω・´)
なんとクリティカルなオウンゴール
ちょうど今日は「ALog ConVerter V6サポート終了」のお話をするんですよ!

サポート終了なんてソシャゲーマーとしては何とも怖い響きですが、どうぞご安心を!
新バージョンは無償で提供しております♪

「先輩、もっといい人いますから。紹介しますから。成功報酬でおごってとかいいませんから」
「いい…。俺はもういい…」

先輩はそう言ってますが、今より良いバージョンに無償で乗り換えられるなら
逆にやらない意味が分からないっていうか!

「私バージョンアップしてみます~( 〃▽〃)ブログ書きま」
ゆとりには無理だよできるわけないじゃんバカなんだから!ひゃひゃひゃ!」

ちょう~☆意気込んでたゆとりに、飛ぶハエを叩き落とす勢いで某つりさんがちゃちゃを入れてきました。びっくりしました。
 

ひどい!
こう見えて中学二年の一学期の期末テストは最下位じゃなかったんだぞ!

それ以外は最下位だったのか…。
ちなみに「飛ぶ鳥」な。

さ、さっそくやってみるよ!
V6からV7への乗り換えはいわゆるマイグレーション(?)だよ!
V6とV7はアーキテクチャ(?)が違うから、上書きインストール(?)はできないんだって!

ゆとり、言葉の意味が分かってないだろ。
大丈夫か~?

だいじょうぶですっ!
このとおりやればいいって言われました!

 

移行手順
1. V7プログラムのインストール
2. V6のレポート設定をバックアップ
3. V6のALog関連タスクの無効化(※対象サーバ側も含む)
4. V6のログデータをバックアップ
5. 移行ツールを使ってV6からV7に設定を引き渡す
6. V7の管理設定(※最後に動作確認すること)

 

うむ、手順はあっているな。
その前にV6は最新版にバージョンアップしておく必要があるぞ。

やりましたよーっ!
私、えらいねえ☆

ハハ、えらいえらい。
じゃあ、移行もがんばれよ。

え? え?
せ、せんぱい、一緒にやってくれますよね?
やってくれるんですよね!!??

だと思った…。

 
構成図だよ
 

・いま動いているALog V6マネージャーサーバ
・新しく構築するALog V7マネージャーサーバ
の2台があるよ!
V6サーバからV7サーバに切り替えればオッケーなんだって。
さっそくやってみるね!

 
 
1. ALog V7のプログラムをインストールするよ!

V6とV7ではマネージャサーバのシステム要件に違いがある。
ゆとり、V7マネージャーサーバのスペックはちゃんと確認したか?

 
スペック表だよ
 

はい、ばっちりでありますっ!!
V7のインストーラーも、サポートサイトからダウンロードしておきました!

うむ。それではインストールしてみよう。
インストールウィザードの指示通りにやればいいよ。

 
ALog V7インストール その1

ALog V7インストール その2

ALog V7インストール その3

ALog V7インストール 完了
 

はーい! ここまでは順調で~す!
さすがゆとり! やればできる子☆

まあ、難しい作業じゃないからな…。
ちなみに、すでにV6が稼働しているマネージャーサーバにV7をインストールする場合は、ポート番号に気を付けてほしい。
V6のアクセスログ検索システムがすでにポート80番を使用している可能性があるからな。
その場合はV7には別のポート番号を割り当てる必要があるんだ。

そう言えばポートボールって小学生の時やったなー。
小学生と言えば給食のソフトめんだよね。うどんよりラーメンが好きだったなー。

こら、ラーメンのことばっかり考えてるんじゃない。
インストールが終わったら、V7マネージャーサーバの[サービスマネージャー]を起動して、「ALog Compute Engine」を停止するんだよ。

人を食いしん坊みたいに言わないでください!
ちょっと先輩がナニ言ってるかわかんなくてトリップしてただけですっ!
「ALog Compute Engine」を止めればいいんですね。

 
サービスマネージャーだよ

うむ。これを止めておかないと、移行中にALog V7が動き出してしまうからな。

 
 
2. V6のレポート設定をバックアップするよ!

先輩、質問ですっ!
バックアップする前にV6のサービス(?)を止めなくていいんですか?

V6の場合は「タスク」な。
良いところに気が付いたな。
V6からV7へ切り替えるあいだに、生ログが対象サーバにたまり続けてV6マネージャーサーバのHDDがパンクする可能性がある。
だからV6のタスクはぎりぎりまで動かしておく必要があるんだよ。

ふーーん。
タスクは止めないでバックアップするんですね。
じゃあ、さっそくアクセスログ検索システムを起動しまーす☆

よし。そうしたら[管理機能]タブを開いて、左側のメニューから[設定情報の管理]を選択だ。

 
アクセスログ検索システムだよ

先輩!
これ全部にチェックつければいいですか!?

 
バクアップの設定だよ
 

移行対象となる設定だけでいいけど、心配なら全部チェックしてもいいよ。
チェックできたらエクスポートして。

ふむふむ。
チェックしたら[エクスポート]ボタンを押せばいいんですね。

 
エクスポートしたよ
 

わーい♪
無事にできたみたい!

任意の名前でXMLファイルを保存したら、V7マネージャーサーバのローカルに置いておいてくのを忘れずに!

 
 
3. V6のALog関連タスクを無効化するよ! 対象サーバ側もだよ!

いよいよALog V6を止めるんですね!
① V6マネージャーサーバの[タスクスケジューラ]を起動して
② ALog関連タスクを停止!
ですね。

その前にALog管理コンソールを起動して、当日のログ収集タスクの実行が終了していることを確認しろよ。

なるほど~。ログ収集してる最中に止めちゃったら大変ですもんね。ところで先輩、ALog関連タスクってどれですか?

この3つのタスクのことだよ…。
・ALog-put … ログ変換タスク(Windows)
・ALog-put(XXX)… ログ変換タスク ※カッコ内は製品種別
・ALSBatch … 検索システム集計レポートタスク
停止するときは、右クリックして「無効」を選択な。

 
タスクマネージャーだよ
 

ふむふむ。タスクを停止、と。
次の手順は…。

あ、先輩!
V6でログ収集にリモートモジュールを利用している場合は、リモートモジュールがインストールされている対象サーバでもALog関連タスクを「無効」にしてください。って移行ガイドに書いてあります!
リモートモジュールを利用している場合って、どうやったらわかるんですか?

ALog ConVerter for Windows V6 は、ほとんどリモートモジュールを使っているはずだが…。
分からなければ、対象サーバの[タスクスケジューラ]を起動して、次のタスクが動いていたら停止すればいいよ。
・ALog-get…ログ収集タスク(Windows)
・ALog-get(XXX)…ログ収集タスク ※カッコ内は製品種別
タスクの停止はさっきと同じ、右クリックして「無効」を選択な。

 
 
3. V6のログデータをバックアップするよ!

V6マネージャーサーバに保存してあるアクセスログとイベントログは、大事なものだから然るべき場所にバックアップしておいて欲しい。
どこに保存されているか分からなくなってしまったら、コンフィグレーションエディターから確認できるから。

はーい。
[ALogサーバ]を右クリックして、[コンフィグレーション エディタの起動]を選択ですね。

 
V6管理コンソールだよ
 

ここでログデータの保存場所を確認する。

 
コンフィグレーションエディターだよ
 

せんぱーいっ!
私にもわかるように説明してください!

こういうことだよ…。

 

▼ログの保存場所が書かれている項目
 
ALOG_BK_DIR : アクセスログ
ELOG_BK_DIR : イベントログ(セキュリティ)
ELOG_SYS_BK_DIR : イベントログ(システム)
ELOG_APP_BK_DIR : イベントログ(アプリケーション)

 

ログの保存場所がわかったら、そこから退避しておいてくれ。何度も言うが、大事なものだから然るべき場所に保存するんだぞ。

はぁい♪

 
 
5. 移行ツールを使ってV6からV7に設定を引き渡すよ!

さて、先ほど(2で)バックアップしたV6のレポートの設定をV7に移行しよう。

ばっちこーーいっ☆

それではゆとりさんの大好きなコマンドプロンプトを起動してください。

・・・・・・・っ!!!
(あ、これダメなやつだ)

・・・。(知ってる)
次の通りにコマンドを実行してください。

 

cd /d C:¥ALog
6to7migrate.exe -FormatCheck [移行対象ファイルのフルパス]
6to7migrate.exe -Import [移行対象ファイルのフルパス]

 

[移行対象ファイルのフルパス]は、2でバックアップしたXMLファイルのフルパスを指定するように。

も、もう何が何だか…

1行目:V7 のプログラムインストール先フォルダーに移動
2行目:アクセスログ検索システムの設定ファイルが正しくエクスポートできているかの確認
3行目:アクセスログ検索システムの設定ファイルを移行
と言うコマンドを実行しているんだよ。

 
 
ゆとにち第6話アイキャッチ
 
 

も、もうだめぽ・・・。
せんぱぁい、つかれたよう。おなかすいたよう。ラーメンたべたいよう。

しょうがないな。いったん休憩にしよう。

わーいラーメンっ!

食べたら続きやるからな。

はぁい…。

 
 
ゆとにち第6話アイキャッチ
 
続きはこちら▼
迫るALog V6サポート終了! ALog V7にバージョンアップしてみた(後編)

<この情報の発信者>
株式会社網屋 マーケティング本部
東京都中央区日本橋浜町3-3-2 トルナーレ日本橋浜町11F
https://www.amiya.co.jp