教育家庭新聞にHypersonixの事例記事掲載

みなさん、こんにちは。

2015/03/02発行の教育家庭新聞に、網屋の「クラウド無線LANハイパーソニックス」の事例記事が掲載されました。
記事では、Hypersonixならではの無線LANの快適な運用面をご紹介してくれています。
無線LAN環境を常時安定させるために、クラウドからプロがセキュリティ設定や稼動監視を包括的に行うHypersonix。そんな安心感が、教育現場で高評価を頂いているようです。

ICT化(インフォメーション&コミュニケーションテクノロジー)の進む小中学校

以前、教育現場のセミナーに参加させていただき、ICT化の進む小学校と、先生方や、児童たちの適応能力にびっくりいたしました。いまや、授業で当たり前のようにタブレットを活用する時代なんですね。
それというのも、政府は2020年までに小中学校の生徒1人にタブレット1台を整備する目標を掲げているそうです。

その目的は

  • 情報化が進む社会に適応するため。
  • ICTを道具として活用し、学びの向上に努める。

ということで、タブレットの導入が進んでいるわけですが、そのための環境づくりとして、無線LAN環境の整備が必須となっている現実。
クラウド無線LANハイパーソニックスでそのお手伝いが出来れば幸いです。

『クラウド無線LAN Hypersonix』が解決できること

  • 高額な構築費用(簡単に導入しづらい…、工事など導入期間がかかりそう…)
  • 途切れる、つながらない(授業の中断が怖い…)
  • セキュリティの問題(情報漏えいが心配…)
  • 運用ノウハウの不安(トラブル時に対応しきれない…)

是非、お気軽にお問い合わせ下さい。

最後までお読み下さりありがとうございました。

【クラウド無線LAN「Hypersonix ハイパーソニックス」】
https://www.amiya.co.jp/solutions/hypersonix/